スカートやズボンも綺麗になる

畳むか丸めるか決めよう

スカートは広げて置いたら、真ん中から半分になるよう折ってください。
裾が広がっていると思うので、内側に折りながら長方形を作ってください。
縦長の長方形になれば成功です。
2回から3回折ることで、コンパクトな形になるでしょう。
この時に折らずに、下の方から丸める方法もあります。
綺麗に丸めることで、シワがつかずに小さくなります。

タンスの状況を見て畳むか、丸めるのか決めても良いですね。
様々なスカートの種類がありますが、ほとんどの種類をこの方法で畳むことができます。
ハンガーを使ってクローゼットに吊るして収納している人も見られますが、意外とその方法はかさばります。
コンパクトに畳んで、タンスの中で収納した方が良いでしょう。

どんなズボンでも畳めるように

ジャージでもデニムでも、畳み方は変わりません。
ズボンの畳み方を学習しましょう。
ただデニムは固いので、畳みにくいと言われています。
変に畳むと跡が残ってしまうので、慣れないうちはゆっくり畳むと良いですね。
また、長いズボンも短いズボンも同じ畳み方になります。
まずズボンを、縦半分に畳んでください。

左右の足がピッタリ重なるように折りましょう。
するとお尻の部分が出っ張るので、織り込んで長方形を作ってください。
後は下から、3つか4つに折ると完成です。
タンスのスペースが開いているなら、3つ折りでも大丈夫でしょう。
オシャレな人は、たくさんのズボンを持っていると思います。
それでも畳み方を知っていれば、増えても困ることはありません。


▲先頭へ戻る