正しい畳み方を勉強する

基本的な畳み方を覚えよう

綺麗に広げてTシャツを置いて、端から折っていきます。
大体3分の1ぐらいになったら、ストップしてください。
袖を後ろに折って、長方形になるよう畳みます。
長方形になったら、裾から2つに折りましょう。
折れるならもう1回畳んで完成です。
タンスにしまう場合は、全ての洗濯物の長さが揃うように畳みましょう。

それぞれの長さがバラバラだと、見栄えが悪くなってしまいます。
コンパクトに畳んで、タンスの中をスッキリさせてください。
何回も練習すると、うまく畳めるようになります。
最初は慣れないので、畳むのに時間が掛かりますし、綺麗にならないかもしれません。
それでも諦めないで、練習を続けてください。
それが家事の効率化に繋がります。

シワがつきやすいワイシャツ

ワイシャツを畳む際は、最初にボタンを占めることがコツです。
ボタンが開いている状態だとシワがつきやすいのでうまく畳めません、
全てのボタンを閉めなくても大丈夫です。
上と中央と、下のボタンが閉まっていれば問題ありません。
そして裏面が上になるよう広げてください。
両袖が、内側になるよう折ります。
この時は袖を交差させると、綺麗に畳めます。

それから身頃を折って、長方形になるよう整えましょう。
あとはTシシャツと同じで、裾から2つに折ると完成します。
タンスの収納スペースが少ない場合は、もう1回折っても良いですね。
するとかなりコンパクトになるので、狭いスペースでもワイシャツをきちんとしまうことができます。
シワがつくこともありません。


▲先頭へ戻る