正しい畳み方を勉強する

様々な衣類があります。 種類によって、畳み方が異なると覚えておきましょう。 いちいち畳み方を調べていると、余計な時間が掛かるので覚えてください。 慣れることで、短時間で畳み終わると思います。 スムーズに終わるので、面倒だと感じることもないでしょう。

セーターやトレーナーを畳む

冬に着用することが多いニット類は、かさばりやすいです。 綺麗に畳んで、狭い収納スペースでもしまえるように工夫してください。 ニットやパーカーの畳み方も決まっています。 他の衣類の畳み方を似ている部分もありますし、異なる部分もあります。 間違えないでください。

スカートやズボンも綺麗になる

トップスだけでなく、もちろんボトムスも綺麗に畳むことができます。 スカートとズボンの畳み方を把握していれば、手持ちのボトムスは何でも綺麗に収納できると思います。 特にスカートは簡単に畳めるので、早めに方法をマスターしてください。 畳まずに、丸める方法もあります。

家事の効率を高めよう

なるべくコンパクトに畳むことで、たくさんの服があってもタンスの中がいっぱいになりません。
ワイシャツを畳む際は、まずボタンを閉めてください。
ボタンが開いている状態だと、うまく畳めません。
余計なシワが残ってしまうので、着る時にアイロンがけをしなければいけない手間が発生します。
ワイシャツはシワが付きやすい衣類ですが、うまく畳むことでシワが付くことを避けられます。

パーカーをたたむ際は、まずフードをよけてください
いつもフードが邪魔で、うまく畳めなかったという人がいるのではないでしょうか。
全て畳み終わってから、フードも中に織り込むことでコンパクトになります。
パーカーは楽なので、普段から着用している人が多いでしょう。
収納スペースに困っていたかもしれませんが、コンパクトに畳めばしっかり収納できるようになります。
タンスの中が整理整頓されるので、どこに何があるのかすぐわかる状態になるでしょう。

スカートは、簡単に畳むことができます。
小さくなるよう、何回も畳めば完成です。
また、丸めて収納する方法もあります。
ズボンも正しい畳み方があるので、この機会に学びましょう。
左右均等に折ることがポイントです。
ずれていると厚みが生じて、タンスの中でかさばってしまいます。
特にズボンの、お尻のでっぱりの部分は厚みが出やすいので注意して畳んでください。
慣れれば数分で、洗濯物を畳む作業が終わるようになるでしょう。
家事効率がさらに良くなりますね。

▲先頭へ戻る